どーも、和田です。

 

前回、カラーやパーマをしたときのヘアケアで、

一番大事なのは、薬剤の除去だ!!

っていう話をしましたが、

前回のブログは下のリンクから、

カラーやパーマのヘアケアで、一番大事なのは薬剤の除去!!(ヘマチン編)

 

[ad#ad-1]

 

ヘマチンで過酸化水素水を除去しまして、

髪や頭皮の酸化を防ぐ処理をした後に…

 

そしてまた…

このように、チェンジリンスあるいはクリーム状のお薬で、

IMGP0106

 

今度は、髪や頭皮に残ったアルカリ剤を除去しています。

 

このアルカリが残っていると何が悪いかというと、

髪が傷み続けてしまうんです。

「続ける…」

文字通り、傷み続けてしまうんですね。

 

カラーやパーマ液には、ほとんどの物にアルカリ剤というものが入っています。

アルカリ剤をつかうことで、髪を膨らまして、キューティクルを立ち上げて広げていきます。

その隙間からカラーやパーマ液が髪の中に入り込んでいくんですね。

 

そのため、アルカリが髪に残ってしまうと

髪がもともとある太さではなく、膨らんだままになってしまいます。

膨らんだ状態の髪は、元の状態の髪より傷みやすく、軟らかくなり、髪の強度が失われてしまいます。

 

美容室に行って、カラーやパーマをして、

アルカリを除去せずに家に帰ったとしたら、

その髪は、次に美容室に行く間まで傷みやすい状態になってしまいます。

 

シャンプーで洗うとき…

ドライヤーで乾かすとき…

無意識に髪をかきあげたとき…

ついクセで髪をいじってしまうとき…

そんなときに、髪は本来の強さを失っているので、傷んでしまいます。

 

また、アルカリ剤が髪に残っている状態で、

次の週などにカラーやパーマをかけるとすると、

元の薬剤に入っているアルカリ剤と

髪の残っているアルカリ剤がプラスされた状態で、

カラーやパーマをすることになります。

 

そうすると、パーマのかかりすぎや

予想以上に髪へのダメージが大きくなることもあります。

 

このようなアルカリ剤をしっかり除去することによって、

美容室から帰った後に傷み続けることもなくなります。

 

「どんなに家でヘアケアをしても、髪がきれいにならない…」

って経験をしていませんか?

どんなトリートメントをしても、髪が傷み続けているときれいにはなりません。

homey roomyで、もっと髪をきれいにしてみませんか?

 

 

  • homey roomy公式サイトはこちら
  • homey roomy採用情報はこちらはこちら
  • homey roomy公式youtubeはこちら
  • homey roomy公式instagramはこちら